favorites of rwdg5z | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of rwdg5zall replies to rwdg5zfavorites of rwdg5z

ゆる〜くいきましょ

返信

最近ワーカホリック気味。

そんな状態だと心に余裕がなくなる。

もっと遊んで、固まったアタマほぐさないとなー。

投稿者 cmb4ac | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/393

返信

ねぎうめぇ

たまねぎちょううめぇ


うめぇー

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

先生、という言葉。

返信

http://rocketnews24.com/?p=41988


記事の内容についてはどうでもいいんですが、

あまりにも『先生』という言葉が陰湿に使われているので不快感が際立つ文章。

別にこの人、先生と呼ばれる立場にはないでしょう・・・


うちの職場でも人をバカにするとき、伝統的に『先生』が使われています。

人によっては敏感に蔑称と受け取られると思いますので

厳密に条件を満たしている人に使わないと大変危険な言葉だよな、と改めて実感。


http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/05c20e709b62373870e67914aa3c88fc

投稿者 sbifb4 | 返信 (2)

なつまつり

返信

ここ数日近くでいくつか夏祭りが開かれてる

今日もまたその類のものがあるらしく、道行く人々にちらほら混じる浴衣姿。

夏だな、うん。 夏だよ。 空の色も、山の姿も素晴しい。

外に出ないと、やっぱりわからないよ。


久しぶりに祭りに行きたくなったけど、連れ添う人もいませんし…

男連中と行くのも良いけど、そもそもそんな暇なヤツラじゃないし。

彼と彼女には間に入って水を差すわけにはいかないし。


夏だなあ、いいなあ、綺麗だなあ美しいなあ

見るものすべてが最高に素晴しく見えました。

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

えあこん

返信

もう 1 台欲しい今日この頃


寝室のエアコンは 現在エアコンのない部屋に移設して

寝室には お気に入りメーカーのエアコンを設置したい


でも 欲しい型番のエアコンは ちょっと値段が高いから 迷うところ ・ ・ ・





現在 寝室に設置してあるエアコン

あのメーカーの品物は エアコン以外であっても

もう2度と購入しない

投稿者 q3e8mk | 返信 (1)

ひさしぶりにこんにちは

返信

気付けば3ヶ月も書いてなかったのか。


書かないって事は何もないってこと。



いぬっころとはくっついたり離れたり。

今はぼやっと仲良しかな。

そういえば遠距離の彼女とは向こうの浮気(どうやら2回目)が原因で別れたらしい。



前のコはあいかわらず。もうデートするのは諦めた。

でも遊びに行こうって言うんだよな。

言ってるだけなのかなぁ。



だいぶ前のイケメンはアタシにすっかり興味がないんだと思ってたら

出張中なんだけど縛りたいよってメールが来た。




なんかもぉ自分も含めみんな勝手だ(笑)

投稿者 gnhqe8 | 返信 (0)

Re: 更訂というわけではないけど…

些細なことかもしれないけれど、

返信

現況届が無くなった事が、罪の意識の希薄さを招いているような気がする。

アレがあれば、虚偽の記入を行おうとする時点で

何らかの躊躇・戸惑いが生まれて抑止力になると思うんだがなぁ。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

いつもの。

返信

愚痴にできるうちは良い、どんどん吐き出せ、投げ出せ、出せだせ


愚痴にもできなくなったら、混乱してしまったら、惑い錯乱してしまったら

道が途切れてしまったら、私がいなくなってしまったら、世界がいなくなってしまったら

誰かにそっとぎゅっとずっと逃げ込みたいのに、みんな扉を閉めてしまっていたら

そしたら僕は、きっともっとじっとしているべきではなくて、鞭を打たないといけない


それなのにもうしばらく誰にも口を開くこともできそうに無くて、

今すぐ開いたとしてもきっともう嗚咽しか残ってないから、誰からも逃げよう、というのです。

罪は隠す、汚点は隠す、弱さは隠す

強さは見せ付ける。

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

自己嫌悪

返信

他に勤めるところが見つかって、今の会社を辞めることができるなら、私は悪魔と取引をしてもいい。

どんどん卑屈になっていく自分がイヤだ。

自己啓発本を何冊読んでも、ちっとも謙虚になれない自分がイヤだ。

答えなどわかりきっているのに、何度も何度も聞いてしまう。

神様、そんなに私という人間はダメですか?

投稿者 fdsp6j | 返信 (0)

ラーラーラー

返信

会わないなら会わないでどうにかなるものだ

その分色々と欲が出るけど。


全体で欲求が満たされていれば幸せ

一部分が不足しても補えれば平気


さあーおしごとおしごと

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

Re: PCの熱対策にFRISK

高価なインシュレーター。

返信

私的に、タキオングッズの一種だと思っている。


って書いてから気づいた。タキオングッズのほうが安い・・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

未練たらたーの

返信

さっさと告白して、そしてさっさとフられてすっきりしたいな。

分かってるのに、もしかして、もしかして…なんて希望を持ち続けるからお互いに不幸になる。さっさと玉砕すれば良いんだよ。


でも、もしかして、が本当でも困ると思う。 恋に恋してるから。 好きですっていわれて、付き合うとなったならきっとすぐに醒めてしまう。

片思いしてるときが一番楽しくて幸せで一抹の寂しさも含めて充足してる


片思いが尾を引いて、いまだに後遺症から抜け出せないのに、片思いの心地よさにまだ憑かれてる

いったいどこで道を踏み外したのだ

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

もう

返信

おうちやだ…

よるなうごくなはなしかけるな

ふつうにさせてくれ


一人で、それか気の知れたちょっとした人数でどこか遠くの異国の町で静かに暮らしたい

仕事なんて何でも良いんだ 雑用だって つらくたって 毎日くたくただって 早死にしたって

今を平穏に生きられれば、僕はそれでいいんだよ


彼と一生暮らしたい、暮らしたくない。 彼女と一生暮らしたい、暮らしたくない。

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

やっぱり

返信

家はめんどくさい

ていうか大体何もかもが煩わしい


ただ、自然に生きたいだけなのに

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

今週の本棚:池澤夏樹・評 『メイスン&ディクスン 上・下』=トマス・ピン チョン著 - 毎日jp(毎日新聞)

返信
◇南北の境界線上に建つ物語の迷宮
 さらっと短い淡彩の小説がある一方、重厚長大な小説もある。これは後者の典型というか極致というか。

 上下二巻で千ページを超える本を前にすれば誰しもひるむ。ちょっと中を覗(のぞ)けば文体は錯綜(さくそう)して、話題はどうやら見知らぬ土地と時代のことばかりのようだ。しかし……

 地面に境界線を引く話。測量の話である。時代は十八世紀の半ば、場所は独立以前のアメリカ東部。

 この地域にはイギリス国王の勅許で開かれた植民地がいくつもあった。そのうちのペンシルヴァニア植民地とメリーランド植民地の間で境界線争いが起こり、いっそ真(ま)っ直(す)ぐな線でこれを確定しようということになって、イギリスから二人の測量士が呼ばれた。すなわちチャールズ・メイスンとジェレマイア・ディクスン。なぜわざわざイギリスからかと言えば、彼の地では「囲込(エンクロージャー)の御陰で、一介の測量屋(カタツムリ)が一人ならず御大尽となっております」という事態だったから。

 数百キロに渡る測量だからその基礎は天測。従って彼らは半ばは天文学者である。巨大な天頂儀を行く先々に運んで観測をする。実際、東西に伸びる境界線はほぼ北緯三九度四三分二〇秒の緯線に沿って確定された。この線は後に「メイスン・ディクスン線」と呼ばれた。

 これは歴史的事実である。ピンチョンは事実を土台にしてその上に何層もの階を重ね、無数の広間や小部屋や物置を構築して、通路と階段と配管と抜け道でつなぎ、とんでもなく複雑な建物を造った。この小説を読むことは、この建物の中を限りなく彷徨(ほうこう)することである。

 歴史小説だから名のある人物が何人も登場する。ジョージ・ワシントンもジェファーソンもフランクリンも出てくる。しかし作者は彼らをほんの点景としてしか扱わない。歴史に主導権を渡さず、ひたすら細部が増殖するに任せる。

 メイスンとディクスンはアメリカに来る前、イギリスから南アフリカに渡って金星の日面通過という天体現象を観測し、さらに聖ヘレナを経て、一度イギリスに戻っていた(ピンチョンはこの部分に全体の四分の一のページを割いている)。南アフリカで彼らはオランダ系の植民者が先住民を虐(しいた)げるさまを目撃する。

 アメリカに来て彼らは費府(フィラデルフィア)でパクストン団(ボーイズ)と名乗る白人の組織が米蕃(インディアン)を虐殺したとの報(しら)せに接する。この連中は更なる殺戮(さつりく)のために百四十人の米蕃が避難しているこの町に向かっている。

 二人は、「やれやれ。亜米利加(アメリカ)がこんな(丶丶丶)風だと知ってたら……」と嘆き、更に「白人の蛮行なら、喜望岬で散々見てきた。だが今になっても、あの頃(ころ)同様、さっぱり訳が判(わか)らない。自分たちは何かを理解し損ねているのだ。喜望岬でも費府でも、白人こそ、彼等の最悪の悪夢に現れる野蛮人に対し、受けた挑発に凡(およ)そ釣合わぬ暴力を揮(ふる)う悪鬼に成果てている」と考える。

 この問題はそのままアメリカの奴隷制に繋(つな)がっている。たかが東部の二つ三つの州の境界を決めたにすぎないメイスン・ディクスン線という名が歴史に残ったのは、これがやがてアメリカを南部と北部に分ける線とされ、南北戦争の象徴となり、その影響は今にまで残っているからだ。ピンチョンはもちろんそれを承知でいささか凡庸なメイスンとディクスンという人物をこの大作の主人公に選んだ。いわば彼らは多くの主題を囲い込む牧場の柵(さく)にすぎない。

 もう一つの主題として科学を挙げようか。十八世紀のヨーロッパは啓蒙(けいもう)主義の時代だった。天測の技術を持った測量士は科学の申し子である。それでもピンチョンの語る科学は生成の途中にあってしばしば不思議な道に迷い込む。

 一例を挙げれば、一七五二年九月二日、イギリスはそれまでのユリウス暦からグレゴリオ暦に切り替えた。十一日の空白が生じ、二日の翌日は九月十四日となった。後に人々は十一日間を盗まれたと言った。

 その時、メイスンは独り空白の時間に残ったと同僚に話す−−「いいかディクスン、物質世界に只(ただ)一人私は居たのだ、十一日を独り占めして」。ずっと満月が子午線にかかるその世界でメイスンはゴシック・ロマンスのような冒険をする。

 こういうエピソードがこの小説には何百も詰まっている。読者はそれを一つ一つ賞味しながら先へ進む。自分がどこにいるか不明になることも多いが、やがて見知ったところに出る。

続きを読む

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

これは乗りたい

返信

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

「ひきこもり」70万人、予備軍155万人 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

返信
「普段は家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」「普段は家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが、家からは出ない」「自室からほとんど出ない」状態が6か月以上続いている人をひきこもり群と定義。「家や自室に閉じこもっていて外に出ない人たちの気持ちが分かる」「自分も家や自室に閉じこもりたいと思うことがある」「嫌な出来事があると、外に出たくなくなる」「理由があるなら家や自室に閉じこもるのも仕方がないと思う」の4項目すべてを「はい」と答えたか、3項目を「はい」、1項目を「どちらかといえばはい」と回答した人を、ひきこもり親和群と分類した。

「ひきこもり」70万人、予備軍155万人 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

Re: http://xmny3v.sa.yona.la/799

たまーに戻ってきたくなる場所

返信

だなー。

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/386

返信

一人だから続けられること

二人だから続けられること

みんなでやるから続けられること


一人だから続けられることに他人が入り込んで来た時の、あの嘔吐感にも似た気分の悪さ、異物感

乱されることへの異常なまでの抵抗、嫌悪は覚悟して欲しいし、互いに覚悟しないといけない

だって、ここは僕の場所だったんだから。

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

そろそろ

返信

愚痴もいえなくなるぐらい切羽詰ってテンパる時期に移行

もっと焦ってがんばろうな


ほんと焦ってくださいお願いですから

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.